本文へスキップ

「吾あり 人あり 学びあり」札幌市立中央中学校のホームページ

〒060-0034 札幌市中央区北4条東3丁目
011-241-6266 fax 011-241-6359

学校経営の方針Educational Policy

校訓・教育目標

校訓 「吾あり 人あり 学びあり」

…学校像(長期的なビジョン)
・吾あり
 自分自身を大切にし、質の高い理想を目指し、強い意志を持って未来を創造していく生徒の姿。
・人あり
 友人、地域の人々とのつながりを大切にし、日本や世界の国々のすべての人々と共に生き、思いやりの心を大切にする生徒の姿。
・学びあり
 真理と正義を追求し、社会の中で役立つ人になるため、確かな知恵を自らの学びとしていく生徒の姿。

教育目標〜強い意志を持ち、豊かな未来を創造する生徒〜

…(統括目標)吾あり
○思いやりを持ち、人との結びつきを大切にする生徒…(徳育目標)人あり
○自ら学び、確かな知恵を身につける生徒………………(知育目標)学びあり
○忍耐強く、たくましい心身を鍛える生徒………………(体育目標)学びあり

 本校は、平成13年度から現在の校訓・教育目標を設定し、中央の教育を進めてきた。
 これまで、校訓・教育目標は形骸化することなく、生徒・教職員ともに校訓「吾あり 人あり 学びあり」を合言葉に取り組み、校訓・教育目標に対して高い意識をもっていると評価できる。
 これは、本校の校訓・教育目標の質の高さとともに、学年経営、学級経営、校務経営はもちろんのこと教育活動のすべてにおいて、その具現化に向け、組織を挙げて指導してきた教職員の力の結集の証である。と同時に、種々の活動を進めていくとき、企画、実行、反省のそれぞれにおいて、校訓・教育目標に向かっているかどうかを是非の判断の根拠にしてきた成果でもある。
 教職員はもとより、生徒・保護者・地域が本校の校訓・教育目標が目指す方向性を理解し、日々、校訓・教育目標を意識した学校生活を営むように育てていくことが即ち教育活動であり、学校という組織体においては、目標や手立ての共有化こそが大きな力を生み出し、大きな成果をあげることができると確信している。
 もちろん目標への迫り方は様々にある。そこに生徒・教職員の個性や特色が発揮されていくことにより、吾と人との関わりを大切にした、より一層創造的な中央の教育が展開されるものと考える。

学校経営の方針

心通う落ち着いた教育環境の中で、生徒一人一人に「生き抜く力」を育む

 私たちは、本校で学ぶ生徒たちが、未来を切り拓く人間性豊かで創造性あふれる自立した札幌人として、強い意志をもち、豊かな未来を創造し、幸せな人生を歩んでほしいと願っている。校訓には、吾を大切にし、人を大切にする学びの場でありたい、自立と共生を目指す学びの場でありたいという願いが込められている。
 校訓の理念の下、保護者・地域の信頼・協力を得て、心通う落ち着いた教育環境の中で、豊かな未来を創造するために必要な生き抜く力を育み、教育目標の具現化を図っていきたい。

バナースペース

札幌市立中央中学校

〒060-0034
札幌市中央区北4条東3丁目

TEL 011-241-6266
FAX 011-241-6359

←メールはこちら
なお、全角@マークを英数(半角)に変更してください

札幌市立学校ネットワーク